和翔苑では、以下のように取り組んでおります。

1.個人情報を取り扱うにあたっては、その利用の目的をできる限り特定しなければならない。

2.個人情報取扱事業所は、利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えて行ってはならない。

3.個人情報取扱事業所は、合併その他の事由により他の個人情報取扱事業所から事業を継承することに伴って個人情報を取得した場合は、あらかじめ本人の同意を得ないで、継承前における当該個人情報の利用目的の達成に必要な範囲を超えて、当該個人情報を取り扱ってはならない。

4.次に挙げる場合については適用しない。

法令に基づく場合

人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意が困難であるとき

公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障をきたす恐れがあるとき