秋の足音

朝夕めっきり冷えてきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

和翔苑の中にも秋の足音が聞こえて参りました。少しでも皆様に芸術の秋が伝わりますように…。でもやっぱり食欲の秋に負けちゃうかな(^-^;

和翔苑もICT化の波に乗る

東京都の介護施設におけるICT活用促進事業の補助を受け、和翔苑でもICTを活用した業務効率化を実施しています。

そもそもICTとは?

ICTとはInformation and CommunicationTechnologyの略、日本語では情報通信技術と訳されるそうです。

ICT化によって何が変わる?

ICT化によって、今まで介護記録や利用者様の連絡事項等を手書きや書類の回覧といった時間や手間のかかる作業を、PCやタブレット端末等の情報技術を活用し、情報を入力、伝達、共有する事が容易にできる環境を作る事ができます。

ICT化のメリットとして職員の負担軽減もありますが、記録等の負担を軽減、作業効率化により今まで事務作業にあてていた時間をケアの時間にあてる事ができ、ケアの質の向上を期待できる所もあります。

タブレット端末を使えば、仕事場所も選びません。利用者様の隣に座りながら、おしゃべりしながら記録等の業務もできます。記録の入力もタブレット端末なら画面タッチや音声入力で楽ちんです。

PCやタブレット端末を使いこなすには少し勉強が必要なので時間はかかりますが、職員みんなで勉強中です。